さっきマックで隣の女子高生がWiMAXの話をしてたんだけど

モバイルルーターの販売戦略として、キャッシュバックキャンペーンを開催中のプロバイダーもあるのです。キャッシュバックを踏まえた料金を比較検証してみた結果をランキングにしてみました。
モバイルWiFiを低料金で使いたいなら、端末料金であったり月額料金は当然の事、初期費用やPointBack等々を残らず計算し、その合計した金額で比較して安いと言える機種を選択してください。
モバイルルーターならみんな3日間で3GBか1カ月間で7GBの速度制限があります。とは言え常識外の利用の仕方をしなければ、3日間で3GB分使うことは滅多にありませんから、それほど心配しなくても問題ありません。
「WiMAX」と「ワイモバイル」と「格安sim」の3種類を購入候補に据えて、それらのメリットとデメリットを知覚した上で、利用状況を勘案したモバイルルーターをランキング一覧にしてご案内させていただきます。
Y!mobileあるいはドコモに規定のある速度制限を受けますと、下り速度が128kbpsにまで引き下げられますが、この速度にされると、少し長めのウェブサイトのTOPページを表示させるのみでも、20秒程度は必要です。

モバイルWiFiルーターに関しては、契約年数と1ヶ月の料金、それから速度を比較して決定するのがキーポイントになります。この他には使用することになる状況を見込んで、モバイル通信可能エリアをチェックしておくことも大事だと考えます。
このウェブサイトでは、ご自分に適したモバイルルーターを選んでもらえるように、それぞれのプロバイダーの速度だったり月額料金などをチェックして、ランキング形式にて掲載しております。
モバイルWiFiを購入したいなら、1ヶ月の料金やキャッシュバック等々につきましても、間違いなく理解した状態で決めないと、後日必ずや後悔すると断言します。
私の家では、ネットに接続するときはWiMAXを使っております。不安だった回線速度についても、まるでストレスが掛かることのない速度が出ています。
ワイモバイルというのは、KDDIなどと同じく自社にて通信回線を持ち、個別にサービスを提供している移動体通信事業者(MNO=Mobile Network Operator)で、SIMカードオンリーの販売も実施しております。

WiMAX2+のギガ放題プランに関しては、毎月毎月7GBというデータ使用量制限はありませんが、3日間で3GBを超過するようなことがあると、速度制限対象となってしまう可能性があります。
WiMAXは果たして料金が割安になっているのか?利用のメリットや意識すべきポイントを把握し、人気の格安SIM等とも比較した上で、「現実的に購入すべきなのか?」についてお話させていただきたいと思います。
モバイルWiFiの月毎の料金は大体2000円から5000円の間となっていますが、プロバイダーによってはキャッシュバックを戦略にしているところが幾つかあります。この戻してもらえる金額をすべての経費から引けば、実質経費が出ます。
WiMAXモバイルルーターと言いますのは、申込段階で機種をセレクトでき、大抵の場合手出しなしで手に入れることができます。だけど選定の仕方を間違えてしまいますと、「使おうと思っていたエリアが電波の来ていないエリアだった」ということが稀ではありません。
「ポケットWiFi」と申しますのは、「ワイモバイルが提供する全WiFiルーターを指している」というのが本当のところなのですが、「どこにいようともネットに繋ぐための端末すべてを指す」と考えた方が賢明です。

file00017

スマホで使うLTE回線と形上違っているのは、スマホは本体が直接電波を受信するのに対し、WiMAX2+の方はモバイルWiFiルーターを使用することで電波を受信するという点でしょう。
「モバイルWiFiを契約するにあたり、高速・無制限モバイル通信で人気のWiMAX2+(ギガ放題)とワイモバイルが提供するポケットWiFiのどちらにした方が賢明か考え込んでしまっている。」とおっしゃる方に役立つように、双方を比較していますので是非ご覧ください。
WiMAXモバイルルーターに関しましては、種類がさまざまあるのですが、一つ一つ組み入れられている機能が当然異なります。こちらのウェブサイトでは、ルーターひとつひとつの機能であるとか様式を比較することができます。
ポケットWiFiという名はソフトバンク(株)の商標になるのですが、大体「3G回線ないしは4G回線を経由してモバイル通信をする」という時に必要とされるポケットに入れられるようなWiFiルーターのことを意味すると考えていいでしょう。
1ヶ月の料金はもとより、回線速度だったりキャッシュバックキャンペーンなどもウォッチすることが必要不可欠です。それらを意識して、ここ最近人気があがってきているモバイルルーターをランキング一覧にしてご案内させていただきます。

モバイルWiFiを持ちたいと思っているなら、1ヶ月の料金やキャッシュバック等々に関しましても、確実に認識した状態で選択しないと、将来的に絶対と言っていいほど後悔することになるでしょう。
「WiMAXのエリア確認を実施してはみたけど、実際に接続できるのか?」など、自分が常日頃PCを利用している所が、WiMAXが使用できるエリアか否かと思い悩んでいるのではないですか?
今現在提供されている諸々のモバイルルーターの中で、通信業界が長い私がおすすめできるのはどのモバイルルーターなのかを、あまり通信関連は得意な方じゃないという方にもわかるように、ランキング形式でご案内します。
モバイルルーターのことをリサーチしていると、非常に目立っているのがWiMAXのキャッシュバックキャンペーンです。プロバイダー次第ではありますが、40000円に迫ろうとするくらいの高額なキャッシュバックを準備しているところもあるのです。
モバイルWiFiにあまりお金を掛けたくないと言うなら、月額料金とか端末料金は勿論のこと、初期費用であるとかポイントバック等を個々に計算し、その金額で比較して安いと言える機種をチョイスすれば良いのではないでしょうか?

WiMAXギガ放題プランと申しますのは、大体2年縛りという更新契約を条件として、月額料金の引き下げやキャッシュバックが実施されているのです。その点を念頭に置いて契約すべきでしょう。
正直申し上げて、LTEが使用できるエリアは限定的だというしかありませんが、エリア外に行くと自動で3G通信に変更されますから、「電波が届いていない!」というようなことはないと断言できます。
「ポケットWiFi」と申しますのは、ソフトバンクのワイモバイルという通信ブランドが提供しているモバイルWiFiのことであって、本当のところ外出している時でもネットに繋ぐことができるモバイルルーターの全部を指すものではありませんでした。
WiMAXについては、本元のUQのみならず、MVNOと言われている業者が売っています。勿論速度であるとかモバイル通信可能エリアが違っているということはないと断言しますが、料金やサービスは違っています。
巷で噂のWiMAXを持ちたいという人は多々あると思いますが、「WiMAXとWiMAX2+では何が違うのかが分かっていない」という人の参考になるように、その相違点をご紹介したいと思います。

file00017

モバイルWiFiをどれにするかを1か月間の料金だけで決断してしまうと、失敗に終わる可能性が高いですから、その料金に焦点を当てながら、その他で知っておかなければならない事柄について、懇切丁寧に説明しております。
WiMAXはトータルのコストを弾いてみても、他のルータープランと比較して低額でモバイル通信が可能です。回線利用可能エリア内においては、1台のWiMAXモバイルルーターで何台ものWiFi機器をネットに繋げることができます。
「ギガ放題プラン」で支持を集めるWiMAX。高速モバイル通信量の制限が設けられていないモバイルWiFiルーターとして現在の一番人気を誇っており、導入に関しても余計な工事が要らず、プラン内容を考えたら月額料金も非常にリーズナブルです。
モバイルルーターに関することをネットでリサーチしていますと、非常に目立っているのがWiMAXのキャッシュバックキャンペーンなのです。プロバイダーによりけりですが、30000~40000円の高額なキャッシュバックを実施しているところも存在します。
NTTドコモであったりY!mobile(Yモバイル)にて決められている速度制限がなされることになりますと、下り速度が128kbpsになってしまうのですが、この速度になると、画像を多用しているウェブサイトのトップページを開こうとしましても、25秒前後は取られるでしょう。

ワイモバイルのポケットWiFiが良いというレビューを見て、初めて使用してみたけれど、今まで持っていた大体一緒のサービスを提供している同業他社のものと比べましても、通信クオリティーなどの点は何ら変わりがないと実感することができました。
WiMAXモバイルルーターそのものは、運搬できることを目的に商品化された機器なので、カバンなどにすっぽりと納めることができるサイズとなっておりますが、使用する場合はその前に充電しておくことを忘れないようにしてください。
「ポケットWiFi」というのはソフトバンクの商標として登録されているのですが、総じて「3Gとか4G回線を利用してモバイル通信をする」ときに必要な小さいWiFiルーター全般のことを指すと言えるでしょう。
全く一緒のモバイルルーターだとしましても、プロバイダーが違えば月額料金は変わるというのが普通です。こちらでは、人気を博している機種を“料金”順でランキング一覧にしてありますので、比較しやすいと思います。
ひと月のデータ通信量の上限規定がないWiMAX「ギガ放題」の項目毎の料金を、プロバイダー毎に比較して、安い料金順にランキング表にしてみました。月額料金だけで絞り込むと失敗します。

速度制限を定めていないのはWiMAXのみというイメージが強いかもしれませんが、ワイモバイルにも通信方式をチェンジすることで、速度制限が実施されることなく利用できる「アドバンスモード」という特別なプランがあります。
どのタイプのモバイルルーターにも3日間で3GBか1カ月間で7GBの速度制限が設けられているのです。ただ常識を逸脱した利用の仕方を避ければ、3日で3GBも使うことは滅多にないので、それほど不安を抱く必要はありません。
現在市場に投入されているWiMAXモバイルルーターの全種類の中でも、W03は特にバッテリーが長く持ちます。営業中なども、気に掛けることなく使用することができるのです。
「WiMAX」「ワイモバイル」「格安sim」の3種類を対象にして、それらのプラス面・マイナス面を念頭に置いた上で、利用状況を鑑みたモバイルルーターをランキング一覧でご紹介します。
WiMAXの月額料金を、できるだけ安くしたいと切望しているのではありませんか?こうした人の為に、毎月の料金を安く済ませる為の方法をご披露いたします。

ネットは民主主義の夢を見るか?

「モバイルWiFiを買うつもりなんだけど、無制限&高速モバイル通信として注目されているWiMAX2+(ギガ放題)とワイモバイルが提供するモバイルルーターのどちらにすべきか迷ってしまっている。」とおっしゃる方に役立てていただく為に、両者を比較してお見せしたいと思います。
キャッシュバックを受け取る前に「契約を解約する」ということになると、キャッシュは100パーセント受け取ることができないので、その辺に関しては、きちんと気を配っておくことが求められます。
一番凄いプロバイダーなどは、キャッシュバックを4万円近くの金額に設定していますので、モバイルWiFiの月額料金が別のプロバイダーと見比べて高額になっていても、「トータルで見るとかえって安くつく」ということがあり得るのです。
WiMAX2+の売り上げ増大キャンペーンとして、高額のキャッシュバックをしているプロバイダーが何社か見られますが、キャッシュバックキャンペーンは一切行なっていないプロバイダーもありますから、きちんと確かめることが大事です。
「WiMAXを購入したいと考えているけど、通信サービスエリア内か否かがわからない。」とお思いの方は、「15日間無料お試し」があるので、そのお試し期間を有効に利用して、通常の生活圏内で使ってみたら良いと思います。

モバイルルーターのことを調べてみますと、毎回目にするのがWiMAXのキャッシュバックキャンペーンです。なんと40000円近くの高額なキャッシュバックを準備しているところもあるのです。
モバイルWiFiを購入したいなら、1か月間の料金やキャッシュバックキャンペーン等々についても、きっちりと把握した上で選択しないと、何日後あるいは何か月後かに間違いなく後悔することになります。
「WiMAX又はWiMAX2+を購入するつもりだ」と言う方に注意していただきたいのは、意識的にプロバイダーを比較しないと、2万円から3万円くらいは余計なお金を払うことになりますよということです。
案外知らないようですが、「モバイルルーター」という用語はワイモバイルの登録商標です。にも関わらずWiFiルーターの一種だということで、今となっては一般の名詞だと認識している人が多いようです。
従来の通信規格と比較すると、遙かに通信速度が速く、大きいデータをあっという間に送受信できるというのがLTEです。現代社会のニーズを満たす通信規格だと思います。

「WiMAXのサービスエリア確認をやってみたけど、その通りに電波が届くのか?」など、自分が通常ノートPCを利用している区域が、WiMAXが使用可能なエリアに入っているのかいないのかと頭を悩ませているのではありませんか?
WiMAXをレベルアップした形で市場投入されたWiMAX2+は、そのWiMAXの3倍の速度でモバイル通信ができるとのことです。それにプラスして通信モードを変えることによって、WiMAXとWiMAX2+の他に、au 4G LTE回線も使うことが可能です。
WiMAX2+のギガ放題プランについては、毎月7GBというデータ使用量の上限はありませんが、3日間で3GBをオーバーすることになると、速度制限を受けてしまうことがあるのでご注意ください。
「ネット使い放題プラン」で注目を浴びているWiMAX。高速モバイル通信量の上限規定が設定されていないモバイルWiFiルーターとして市場を席巻しており、導入も実に簡単で、プラン内容を他と比べてみれば月額料金もリーズナブルだと言えます。
ワイモバイルのモバイルルーターを今回初めて利用してみたのだけど、これまで持っていたほとんど同じサービス展開をしている同業他社のモノと比較しましても、通信品質などの点はまったく同水準だと思いました。

自分の家に関しては…。

モバイルWiFiの月々の料金は大概5000円以内となっていますが、プロバイダーの中にはキャッシュバックをセールスポイントにしているところが見受けられます。このキャッシュバックしてもらえる金額をトータルの支払い額からマイナスしたら、本当に負担した額が明らかになります。
オプションとなりますが、WiMAXのエリア圏外の場合には、高速で有名なLTE通信が使用可能な機種も用意されていますから、基本的にこちらの機種さえ持っていれば、日本の様々な地域でモバイル通信が可能だと言ってもいいでしょう。
WiMAX2+と申しますのは、2013年に始まったWiFiサービスなのです。旧型のWiMAXと対比させても、通信速度などが向上し、様々なプロバイダーが先進的なWiMAXとして、頑張って販売しているという状況なのです。
一ヶ月の料金は勿論、回線の速度であったりキャッシュバックキャンペーンなども確かめることが必須です。それらを勘案して、昨今人気があがってきているモバイルルーターをランキング一覧にしました。
いずれWiMAXを買うという場合は、どう考えてもギガ放題のWiMAX2+を選んでください。通信速度が速いのはもとより、WiMAXの通信サービスエリア内でも使えることになっていますから、非常に便利です。

WiMAX2+を取り扱っているプロバイダーの月毎の料金(2年契約満了時迄のキャッシュバックも考慮した総コスト)を比較した結果を、安いプランを出しているプロバイダーから順番にランキング形式でご案内中です。
「ポケットWiFi」と言いますのは、ソフトバンクのワイモバイルという通信ブランドが提供しているモバイルWiFiのことであって、本当のところ室内以外でもネットが利用できるモバイル端末全部を指すものではありません。
今もってWiMAX2+の電波が届くエリアに入っていないとおっしゃる人も、現段階でラインナップされているWiFiルーターなら、従来回線のWiMAXにも接続可能となっていますし、月額1055円は必要ですがオプション料金を払うことで、「au 4G LTE」にも接続できます。
高速モバイル通信として注目されているWiMAX2+(ハイスピードモード)ですが、この機器の場合、速度制限が適用されましても下り速度が1~6Mbpsは維持されますから、YouToubeの動画位はエンジョイできる速度で利用可能だと言えます。
モバイルWiFiルーターを選択する場合に、殊更丁寧に比較しなければいけないのがプロバイダーなのです。プロバイダーそれぞれに、利用することができるWiFiルーターの機種とか料金が全然違うからなのです。

今現在人気のあるWiMAXモバイルルーターの全機種と比べても、W03は格段にバッテリーの持ちが良い端末です。営業中なども、不安になることなく利用することができます。
正直言って、LTEを使うことが可能なエリアは限定的だというしかありませんが、エリア外で通信するときは知らぬ間に3G通信に切り替わりますから、「接続することが不可能だ」という様なことはないと考えていいでしょう。
モバイルルーターの販売に際し、キャッシュバックキャンペーンを展開しているプロバイダーも多々あります。キャッシュバック分を加味した料金を比較して、ランキングにして掲載しております。
LTEと言いますのは、今までの3Gを「長期的に進化させたもの」ということで命名された通信規格で、何年か先に登場する4Gへの変更を円滑に進める為のものです。そういうわけで、「3.9G」と呼ばれることが通例です。
自分の家に関しては、ネットに繋げる時はWiMAXを使っています。不安だった回線速度につきましても、全くと言っていいほどイライラを感じる必要のない速度が出ています。

旅行先で役立つ!インターネット通信に欠かせない「ポケットWiFi」の魅力

ポケットWiFiの魅力は、無線機能が搭載されているタブレットやスマートフォンを、どこでも高速で通信することが可能な点です。
スマートフォンであれば、予め通信機能が付いているので、別段なくても困らないかもしれません。
しかし、SIMカードがないタイプのタブレット端末やパソコンを持っている人にとっては、ポケットWiFiはどこでもインターネットやメールを使用することができる便利なツールとなります。

最近では、公共施設や店舗がWi-Fiスポットになっている例も見受けられるので、全く旅行先でインターネットに接続することができないというわけではありません。
しかし、使える場所まで行かなくてはならないことに変わりはなく、便利であるとは言えません。そのため、旅行中に観光スポットや食事の場所を探したいと思った時に機器をインターネットに接続するのであれば、ポケットWiFiを利用することがおすすめです。

最近のスマートフォンには、テザリング機能がついているので、別段ポケットWiFiを導入する意味がないと考える人もいるかもしれません。
しかし、テザリング機能を利用すると、スマートフォン本体の電池消費量が増大します。もともと電話やメールにも使っているため、更に使用料が増えてしまえばバッテリーがすぐになくなり、いざという時に通信することができなくなります。
また、テザリングを利用すると本体に負荷がかかるので暑くなってしまいます。このように、たしかに一つにまとめることが便利であるスマートフォンのテザリングですが、デメリットも大きいのです。そこで、通信機能を持たない端末をインターネットに接続するために利用する存在として、独自にポケットWiFiを持ち歩くことにはメリットがあります。

ポケットWiFiの端末自体は、使用していない時に電源を切っておくこともできますし、立ち上げにも1から2分程度しかかかりません。そのため、利便性にも問題はありません。そして、名称にポケットとの文字が入っている通り、サイズは小さくかばんに入れても邪魔になりません。したがって、旅行の時に持ち運びに不便さを感じることはないでしょう。
また、最近では格安SIMカードが登場しており、それをポケットWiFiに刺して運用することで、通信費用もそこまでかからずに利用することができます。
以上のように、旅行先でも利用できるポケットWiFiは便利であるため、タブレットやパソコンを外に持ち運ぶ機会が多い人にはおすすめです。

通信料を安くしたい人にはポケットWiFiがおすすめ!

スマホやタブレットを利用するとき、通信料はかなり高額です。
家庭でインターネットをしている感覚で使ってしまうと、とんでもない金額を請求されてしまいます。
もちろん、そのためにパケット定額プランなどがあるわけですが、それでも月々の支払いが大きな負担であることは変わりありません。
そこで通信料を安くしたいのであればポケットWiFiを使ってみることがおすすめです。
スマホの通信回線ではなく、ポケットWiFiを使ってインターネットに接続すれば、安い料金でネットサーフィンやファイルのダウンロードを行う事ができます。
IP電話サービスを使えば、ネットテレビ電話も使用する事が可能です。

【会社の違い】
ポケットWiFiは提供している会社が複数あります。
同じポケットWiFiでも、違いはあり、通信料が安いところを選ぶだけでなく、通信速度やサービスエリアなどをよく調べなければいけません。
電話や家のインターネット回線など、全てをひとまとめにすることで料金の割引を行っているところもあります。
それにキャッシュバックキャンペーンを利用すれば、実質的な月額料金を下げる事も可能です。
ポケットWifiを選ぶときは、月額通信料だけでなく、様々な点を考慮して選ぶのが賢い方法です。

【ポケットWiFiの問題】
通信料が安いことが大きな魅力ではありますが、使い方によっては不自由を感じることはあります。
というのも、通信料が一定以上になれば、通信速度の制限が行われるのです。
通信速度の制限が行われたら、契約によっては動画の視聴も難しくなりますから、自分がどのように使いたいのかをよく考えてから契約しなければいけません。
もし、通信制限がかかるのを避けたいのであれば、通信速度制限のない契約を選ぶことです。
それから、ルーターを持ち歩くということは、バッテリーが長時間持たなければ、途中で回線が使えなくなります。
ルーターのバッテリーを持たせるために、充電用のモバイルバッテリーを用意すると、ケーブルなども合わせて荷物が多くなってしまいます。

【利用するためには】
ポケットWiFiは便利な道具ですが、スマホや携帯電話と同じく使用をする前に準備が必要です。
まず、申し込むためには、ポケットWiFiのルーターを手に入れることです。
申し込む際には、初期費用として事務手数料がかかるのですが他にも有料会員登録をしなければいけない場合もあります。
店頭での申し込みができない場合には、インターネットや電話にて申し込みをして、後日届いた書類に必要事項を記入をしてから返送します。
書類の確認ができたら、数日後にルーターが届きます。

スケジュール管理アプリ

数年前まで、スケジュールは手書きの手帳を使っていました。
毎年、12月末から1月上旬にかけて、いろんなお店に並ぶ手帳を選ぶのが楽しみでした。

でも、iPhoneを使うようになってから手帳は完全にiPhoneへ移行してしまいました。
使い始めは「書き込む」のではなく「打ち込む」ことに抵抗があったのですが
慣れていくうちに、さまざまな機能を使いこなせるようになってきて
手帳アプリじゃないと、逆にもう不便かもしれません。

いろいろなスケジュール管理のアプリを試しましたが、
結局落ち着いたのは「googleカレンダーと同期できる」機能のあるアプリです。
会社や、外出先でスケジュールを同期できるので、
どこかにメモをしてそのまま書き忘れてしまう、ということがなくなりました。
何より、特定の人と指定したカレンダーを共有できるので
わざわざ連絡を取って予定を調整しなければならない手間が省けたことが大きいです。
この機能は便利ですね。伝え間違いや、待ち合わせ場所の変更もコレひとつで
連絡できてしまうので、タイムリーな情報を共有することが可能になりました。

さらに、待ち合わせ場所の詳細なども、グーグルマップのURLを記載しておけば
相手も迷うことなく現地に集合することができます。

あえて唯一、デメリットを挙げるとすれば
電話をしている時にスケジュールが見られないということでしょうね。

朝からお昼までがトレードタイム

僕の知人にiPhoneの用途を聞いてみたら、面白い使い方をしていました。
以下、友人AのiPhoneの使い方です。

iPhoneを使うようになって、今まではパソコンでしていたことがiPhoneで気軽にできるようになりました。
その中でiPhoneになってからはじめたのが、株やFXのトレードです。
朝起きる前にベッドの中で経済ニュースや、昨夜のアメリカダウの状況などをiPhoneでチェックして一通りニュースを読みます。
それから朝の家事をちゃっちゃと終わらせて、夫と子供を送りだした後に、ゆっくりiPhoneのトレーダーアプリでデイトレを楽しんでいます。

だいたい10時頃からお昼前の前場までトレードをして、お昼を食べたらもう一日のトレードは終わりです。
後場は株価チェックだけしてあとは指値にお任せして、午後からの家事をしています。
夕方頃は為替チェックはしますが、基本的にトレードはしません。
こういったことが今まではパソコンでしか出来ませんでしたから、便利になりますね。

夕飯の支度ができて、子供たちが入浴しているうちにその日のトレードについてブログ記事をさくさくっと書いてUPしています。
家事の合間に、お小遣い稼ぎをしたりブログを書くのが最近の日課になっています。
どうしても便利で四六時中チェックしたくはなってしまいますが、こうやって時間を区切って、子供との時間に支障がないようにしています。

外出をするときでも、iPhoneを持ってさえいれば為替の確認もできますし、急激な変動にも対応することができます。
ただし、iPhoneの通信費用は毎月8000円近くします。
これが悩みの種。ポケットWiFiで安くすることができるという話を聞きました。
ポケットWiFiもキャンペーンを利用すれば実質の月額費用が3000円くらいだと聞きましたし、
でもエリアだとか、速度だとかを気にしないといけないから、ポケットWiFiを思い切って使うことができません。
そんなずぼらな私のためにあるようなサイトが、ポケットWiFi比較サイトです。
総合的に比較した結果、一番イイポケットWiFiがWIMAX2+をGMOから申し込む方法でした。

iPhoneは相棒

私がiPhoneを使ってやっている事は、まず、朝一番、アラームです。
その後、朝食を作り、子供がおきてくるまで、iPhoneでゲームをして待っています。
子供がおきてきたら、iPhoneで天気予報を見て、今日は雨になるから傘持って行った方がいいなとか、上着持って行った方がいいなとか、そのとき、子供に持たせるものや注意事項がおのずと決まります。

そのあとは、iPhoneアプリのスケジュール帳で、スケジュールを確認します。
あとは、メールチェック、それに対する返信、メールだけでなく、もちろんラインも使っています。

写真が好きなので、iPhoneについてるカメラも愛用しています。写真投稿がメインのSNSで少し遊んだりします。
夕方になれば、また、天気予報のチェックです。季節により、ゲリラ豪雨があるかないか、時間ごとに見れるサイトもあるので、これもiPhoneで確認します。
スーパーに買い物に行っても、メニューに迷うと、スーパーの買い物中にもiPhoneを立ち上げ、レシピ検索して、その場でメニューが決められます。

帰宅時間も、iPhoneの時計で見ます。iPhoneを持ってから、時計を持ち歩かなってしまいました。
自宅に帰ってから、料理中もまた、レシピ検索で作り方を確認したり、サイドメニューを決めたりします。食べるときには、iPhoneで音楽を鳴らしながら食べます。
いい気分です。

寝る前に、最後のiPhoneの作業、アラームをセットして寝ます。
iPhoneは、強力な私の相棒です。